<< 『Rubyist Magazine 0026 号』 | main | 『Ruby 逆引きレシピ すぐに美味しいサンプル&テクニック 232』が7/25に出版されます >>

『パターン、Wiki、XP』刊行記念トークセッションに行ってきた

ということで、初めてのジュンク堂書店池袋本店。奇跡的に迷わずに行けました。

セッションの軸は「ソフトウェア開発」。トークセッションを聞いていて強く感じたのは、ソフトウェア開発にとって『パターン、Wiki、XP』は「僕らは変われるのか」という問いそのものなんだなあ、ということでした。ケントやウォードに始まって、いろんな人がその問いの中で試行錯誤、チャレンジ、トライしてきた成果物、集合としての文化、歴史。だからこそ、悩める僕らはそこに強く惹かれ、そしてそこから様々な気づきを得ることが出来るのかなあ、とか。

いろいろとはしがきのメモから思うことは多々あるんだけど、うまく言語化出来ないので今日はこの辺で。まずは本書をじっくりと読んで勉強しようと思います。それと来週あたりにあるという「変革への期待と決意を一望できる場所」に臨んでみてーーおっと、こんな時間に誰かが来たようだ。

パターン、Wiki、XP ~時を超えた創造の原則 (WEB+DB PRESS plusシリーズ) (WEB+DB PRESSプラスシリーズ)
パターン、Wiki、XP ~時を超えた創造の原則
江渡 浩一郎
2009.07.10 Friday 00:47 | community Life | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク     | 
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>