<< [Ruby札幌] Ruby Sapporo Night-12 で話をしてきました | main | Refactoring: Ruby Edition >>

Beginning Ruby: From Novice to Professional

これは良い入門本。というか、これは海の向こうのレシピ先輩だなあ。

HTTParty, RubyInline, pp, RedCloth, Nokogiri, Sinatra, Shoes とか、扱ってるライブラリやその扱い方もだいぶ被ってて、読んでてなんか変な感覚に陥る。真ん中あたりにある一緒に作ってみよう的な章の始まりが "Let's build a bot"だったりw

一通り Ruby の基本的なところをさらった後、詳細に入る前にまず置かれているのが "The Ruby Ecosytem"って章なのも素敵だなあ。と何だか他人事とは思えないような本に出会って、心がホクホクしてしまった。

それと、Foreword が _why 画伯で、それもいかにも_why 画伯らしい素敵な Foreword だったので、ファンの人は買っておくと良いと思いました。

2009.11.05 Thursday 00:49 | book Life | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク     | 









<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>